2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています




東日本大震災の被害に遭われた皆様へ

 「東日本大震災」において、被害に遭われた皆様に心よりのお見舞いを申し上げます。
 また、被災地において、日夜を問わず被災者救助をはじめとする災害対策に全力を尽くしていらっしゃる皆様に、
深く敬意と感謝の意を表します。
 あらためて、被災地においては一日も早い復旧と、皆様のご無事を、心よりお祈り申し上げます。

こんにちは、佐賀がちをです。
震災後初の更新になります。
皆さまが無事で健康に過ごしていることを
願っています。


さて、大変な時期ではありますが、
卒業、入学、というふわっとした
季節でもあります。
今回は僕が関わっている学校の
卒業式を遅ればせながら、紹介しようと
おもいます。

3月11日某専門学校卒業式、舞浜近くのホテルにて、
祝賀ムードで調子に乗りまくっていた最中




この直後

東日本大震災に見舞われました。
シャンデリアやらスポットライトが今にも落ちてきそう
ミラーボールが鉄球みたいに揺れまくってました。





ホテルの前の道は街灯が倒れ水道管破裂のため道が水浸しに・・




宴会場で一晩避難

明るく振舞っていましたが、この日はみんな帰れず、中には振袖で一晩を明かす生徒もいました。

不幸中の幸、ホテルの手厚い受け入れと、学校側の対応でみんな、無事に帰れましたが、
門出を祝う空気になれなかったのが、心残りでした。



そして3月14日某予備校基礎科最終日打ち上げ、高校1年生、高校2年生




この学校でも震災時90人近い学生さん、スタッフが帰れなくなり、教室に避難したそうです。
それでもせっかく今まで準備したからには、打ち上げをしたい!とパワフルな学生達












どんな時でも明るくならねば、






未来は明るくならない!



3月17日某短大卒業式



祝賀会も今年は中止・・ 




電車の本数が極めて少なかったためずいぶん早起きしたみたいです。







先生がお別れの弾き語りグッときました。 

これからどんな世界になるのか、難しい時代になりそうです。
しかし、今まさに次のステップに進もうとしている若い世代がきっと
いい未来を導きだしてくれると信じています。 
そして、彼らが十分な力を身につけるまで、僕らの世代ががつないで
いけばいいのだと思います。


苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ぼくらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃおう
進め

〜ひょっこりひょうたん島より〜
 

gachiwohihihi@yahoo.co.jp(アットマークは小文字にしてね〜)


スポンサーサイト

  • 21:53
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -